広栄工業株式会社|鉄道土木|線路新設工事|線路メンテナンス|一般土木|福岡県北九州市

 

線路新設

 

●工事経歴

●工事経歴
  1972~1975年 山陽新幹線、三原地区軌道敷設工事 その2
  1980~1981年 東北新幹線、十文字地区スラブ軌道敷設工事
  1992~1994年 山陽本線、防府高架軌道敷設工事
  1997~1998年 井原鉄道軌道敷設工事
  1998~1999年 山陽新幹線、小郡・新下関間新駅新設外2工事
  2002~2003年 九州新幹線、出水工区軌道敷設他工事
  2003~2005年 台湾高速鉄道、第二工区軌道敷設工事(指導)
  2006~2008年 大阪外環状線加美地区外軌道新設工事
  2007~2008年 境線支障移転工事
  2008~2010年 九州新幹線(鹿児島)鳥栖軌道敷設他工事
  2008~2011年 博多駅構内11#・12#線軌道新設他工事
  2010年 九州新幹線(鹿児島)鳥栖軌道敷設他(2)工事
  2010~2014年 北陸新幹線、板倉軌道敷設他工事
  2012~2014年 北陸新幹線、高岡軌道敷設他工事
  2016~2018年 おおさか東線西吹田・神崎川間軌道新設他工事
  2016~2017年 信越線新潟駅付近高架化東工区軌道
  2016~2017年 鉄道博物館新館新築・本館改修他工事
  2018~2019年 鉄道博物館新館 展示用踏切敷設工事
  2019~2021年 九州新幹線(西九州)東彼杵軌道敷設他工事
  2020~2022年 北陸新幹線 川北軌道敷設他
 

●九州新幹線(西九州)東彼杵軌道敷設他工事

●九州新幹線(西九州)東彼杵軌道敷設他工事
 
この度、九州新幹線の軌道敷設工事に従事することになりました
・平成31年4月から工事をはじめます。
・工事用渡り線を敷設するため、基地内
 の工事を施工します。
 ➀仮軌道敷設(人力)
 ②スラブ敷設(人力)
 ③工事用渡り線組立
 ④取付区間仮設
 

②九州新幹線(西九州)東彼杵軌道敷設他工事 工事現場

②九州新幹線(西九州)東彼杵軌道敷設他工事 工事現場
 
 
 

③九州新幹線(西九州)東彼杵軌道敷設他 機材運搬(秋田~長崎)

③九州新幹線(西九州)東彼杵軌道敷設他 機材運搬(秋田~長崎)
 

●北陸新幹線 川北軌道敷設他

●北陸新幹線 川北軌道敷設他
 
・北陸新幹線川北軌道
 敷設他の工事を来年
 4月頃から工事が始
 まる予定です。
・工事が始まったら、
 写真を公開します。
 

●九州鉄道機器工場内 KT-37 4線 分岐器組立

●九州鉄道機器工場内 KT-37 4線 分岐器組立
 
・分岐器組立状況写真
 
 
・分岐器組立
ガードレール配列
 
・分岐器組立
間隔材位置印つけ
 
・分岐器組立完成 
  トング部
 
・分岐器組立完成
 リード部
 
・分岐器組立完成
 クロッシング部
 

●九州鉄道機器工場内 50N-16番分岐器組立

●九州鉄道機器工場内 50N-16番分岐器組立
 

●鉄道博物館新館新築・本館改修他工事

●鉄道博物館新館新築・本館改修他工事
 

●新潟作業所 信越線新潟駅付近高架化東工区軌道

●新潟作業所 信越線新潟駅付近高架化東工区軌道
 
材料運搬台車編成
 ・軌陸クレーン車に3t
 台車を3台連結しま
 す。
 
レール吊上げ
 ・25m(50N)レールを
 クレーンで高架上に吊
 り上げます。
 
PCマクラギ運搬軌きょう組立
・PCマクラギを運搬台車で運搬配列します。
・支承装置配列し、アンカーボルトを打ち込み、ナットで締結します。
・支承装置上にレール敷設します。
・支承装置のボルトでレール面を整正します。
・PCマクラギの軌きょうを組立ます。
・PCマクラギの締結緊締バネクリップをパンプーラで締結します。
 
 
ホーム箇所軌きょう組立
 ・ホーム箇所の軌道敷
 設状況です。
 
型枠組立、コンクリート打設
・コンクリート打設後、型枠を撤去した箇所です。
 

●大阪事業所 おおさか東線西吹田・神崎川間軌道新設他工事

●大阪事業所 おおさか東線西吹田・神崎川間軌道新設他工事
 
弾直軌道敷設現場状況
・レール配列
・PCマクラギ配列
・レール敷設、継目締結
・レール面整正
・PCマクラギ締結
・防振装置取付
・型枠組立
・コンクリート打設
・型枠撤去
 
防振装置取付
・コンクリートを打設する前に、PCマクラギに防振装置を取付けます。
 
軌道敷設前橋りょう写真
 ・新大阪駅付近の新しい軌道敷設前の橋りょうです。
 

●北陸事業所 北陸新幹線軌道敷設(板倉工区)仮軌道敷設

●北陸事業所 北陸新幹線軌道敷設(板倉工区)仮軌道敷設
 
仮軌道敷設(人力)1
・25mのレールを北九州から直江津港まで船で運んで来ます。
・そこから、ポールトレーラに積み込んで夜間に一般道を通行して基地まで運搬します。
・クレーンでレールを高架上に吊り上げ、受台の上に集積します。
 
機関車(ウニモグ)の載線
 ①工事用機械を線路上に載線するために、人力によりレール
 をロードベッド(路盤)上に敷設します。
 ②スラブ盤を100m上下線に敷設し、その上に工事用渡り線
 (分岐器)を敷設します。
 ③ロングレール(200m)を運搬する機関車(ウニモグ)
 をクレーンで吊って軌道上に載線します。
 
工事用仮軌道敷設(機械)
・まず200mのロングレールをテルハ(門型クレーン)で レール運搬台車に6~10本積込みます。
・敷設したレールの最終箇所まで移動します。
・次に路盤上に高・低ローラを配列して、レール送り出し 装置で左右のレールを送り出します。
・送り出し完了後、継目板でレールを繋ぎ緊締します。
・次に吊り上げ器を使ってローラを撤去し、5m間隔にゲージ帯を設置し、2.5m間隔で締結装置でレールを締結します。
・締結状態を確認したら機械を200m移動させ、同じようにレールを送り出していきます
※その作業を繰り返して仮軌道を次々に敷設していきます。
 
 

●北陸事業所 北陸新幹線軌道敷設(板倉工区)スラブ敷設

●北陸事業所 北陸新幹線軌道敷設(板倉工区)スラブ敷設
 
スラブ盤積込
・トラックで運んできた長さ約5mのスラブ盤を、引き取り検査で高低・通りを測定します。
・次に、クレーンで吊り上げ、10tトロ上に2段重ねで10枚積み込みます。
・積み込んだスラブ盤をトロごとにラッシングベルトで2箇所づつ計10箇所緊締します。
・その後、敷設現場まで運搬します。
 
スラブ盤吊上げ(スラブ敷設車)
・前もってスラブ盤を敷設する箇所に、5mの突起間ごとに角材を4個づつ配列します。
・スラブ運搬車が到着したら、スラブ敷設車を受取区間に進入させ、トロ上のスラブ盤を5枚吊り上げます。
・次にスラブ運搬車のトロを逃がします。
・次にスラブ敷設車の受け台をセットし、スラブ盤を1枚づつ受け台に乗せて安定させます。
 
スラブ調整
・スラブ盤の高さと通りを、スラブ敷設ゲージで整正します。
・勾配の数値を目盛にセットし、次に諸元(HS)の数値を 目盛にセットします。
・スラブ敷設ゲージを突起ピンとスラブ上の左右の墨にセットします。
・スラブ盤を2台のスラブ調整門型の4台のチェーンブロックを巻き上げて、受台を撤去します。
・敷設ゲージの気泡を確認しながら高さを整正します。
・通りは突起ピンに水糸を張り、スラブ盤中心の墨に合わせます。
・起点終点の突起間隔を合わせて、次ににくさびをハンマーで 叩いて効かせます。
・最後に左右4箇所の保持ボルトを締付けスラブ盤を固定します。
 

●台湾新幹線高速鉄道工事(Work Base 2-3・2-4)

●台湾新幹線高速鉄道工事(Work Base 2-3・2-4)
 
Work Base 2-3スタッフ
 ・2003年12月から、台
 湾新幹線高速鉄道の軌
 道新設工事が始まりま
 した。Work Base 
 2-3の軌道敷設の
 メンバーです。
   監督・技術指導を日
 本人で行い、工事施工
 は台湾人が従事しまし
 た。その時の、日本人
 と台湾人のスタッフで
 す。
 
ウニモグ(機関車)運転講習会
 ・台湾人の作業員が軌陸
 車(ウニモグ)の運転
 を行うので、機械の点
 検方法と運転操作を教
 育・指導しました。そ
 の時、受講したWork 
 Base2-4の台湾人の
 オペレータです。
 
工事用渡り線敷設
 ・ロングレール、スラブ
 盤、モルタルの運搬を
 行うのに上下線に運搬
 しなくてはいけないの
 で、事前に仮の工事用
 渡り線を設置しまし
 た。
 ・材料は日本から船で運
 ばれました。この分岐
 器は手動で転換しま
 す。
 
スラブ盤敷設
 ・仮軌道のレール敷設
 後、スラブ盤を運搬
 し敷設します。
 ・事前に仮軌道を3mに
 広げ、スラブ敷設する
 機械を10tトロに積込
 現場まで運搬しておき
 ます。
 ・次にスラブ盤をトロで
 運搬し、スラブ敷設車
 で受取現場に敷設して
 いきます。
 
スラブ盤調整
 ・敷設したスラブ盤を、
 スラブ調整ゲージを諸
 元の数値(HS)に
 セットし、スラブ盤の
 高さと通りを整正して
 いきます。
 
可変パット樹脂注入
 ・レール面整正後、トラ
 ックマスターを走らせ
 数値が異常なければ、
 可変パットの袋に樹脂
 を注入します。
 ・樹脂の硬化が注入口・
 排出口を切断し、調整
 ピースも撤去します。
 
バラスト運搬車
 ・台湾新幹線鉄道では、
 列車が脱線しても衝撃
 を吸収出来るように、
 線間にバラストを敷
 いてあります。
 そのバラストを運搬
 する機関車です。
 アメリカの業者の方
 が従事していました
 が、機械の大きさの
 違いにびっくりしま
 した。
 
台湾新幹線車両
 ・台湾新幹線高速鉄道を
 走行する日本製の新幹
 線車両です。
 

●東北地方太平洋沖地震に伴う災害復旧(仙石線軌道敷設西工区)

●東北地方太平洋沖地震に伴う災害復旧(仙石線軌道敷設西工区)
 
締結装置緊締
 ・左右レール上に門型を
 セットし、チェーンブ
 ロックでPCマクラギ
 を吊り上げます。
 ・基本側の締結装置を
 緊締します。
 ・軌間整正しながら対側
 の締結装置を緊締しま
 す。
 ・軌道中心とレール面の
 整正を行います。
 ・道床バラストを補充し
 て、BF(4頭TT)
 で道床つき固めを行い
 ます。
 
道床かき上げ・道床整理
 ・軌道整備終了後、少な
 い箇所に道床バラスト
 を補充します。
 ・BFで道床バラストの
 かき上げを行います。
 ・プレートコンパクター
 で道床肩、のり面の
 転圧を行います。
 

●九州新幹線(鹿児島)鳥栖軌道敷設他

●九州新幹線(鹿児島)鳥栖軌道敷設他
 

●博多駅構内11#・12#軌道新設他

●博多駅構内11#・12#軌道新設他
 

●大阪外環状線加美地区外軌道敷設他

●大阪外環状線加美地区外軌道敷設他
 
 
 

●九州新幹線軌道敷設(出水工区)

●九州新幹線軌道敷設(出水工区)
<<広栄工業株式会社>> 〒802-0032 福岡県北九州市小倉北区赤坂5丁目4-18 TEL:093-521-8331 FAX:093-522-7836