本文へ移動

教育訓練

●令和3年度新入社員採用

令和3年度は本社と長野で新入社員を採用しました!

北幹板倉工区工事用仮軌道全線接続
・令和3年度も新入社員を採用しましたが、長野支店での入社式の状況をお知らせします。
・中途採用も受け付けておりますので、鉄道工事・土木工事に興味のある方、線路内での重機械運転に従事したい方はどんどんご応募ください。
・私達が修理した線路を、毎日列車がお客様を乗せて目的地まで安全輸送しています。
・私達が創った構造物が、地域社会の生活に役立っています。
 
※新しいホームページには「ルームに接続」からリモートで繋がる機能が備わっています。是非お試しください。
※電話される場合は、各事業所に直接連絡されても結構ですので、お待ちしています。

➀令和3年度 長野支店入社式

・令和3年4月1日に長野支店で入社式が挙行さ
れました。
・一人目の新入社員に社長から辞令交付が行われ
ました。

②令和3年度 長野支店入社式

・二人目の新入社員に社長から辞令交付が行われ
ました。
・本社でも入社式が挙行され,佐々木CEOが辞令交付を行いました。
・本社と長野でリモートで繋いで、同時に入社式が施行されました。

⑤令和3年度 長野支店入社式

・新入社員、社長、副支店長、事務員で記念撮影。

●令和3年度 工事用重機械取扱訓練会(第一建設工業長野支店主催・川中島保守基地)

➀マイクロバックホー故障時の救出訓練

・令和3年6月22日に川中島基地で第一建設工業長野支店主催で線路関係協力会社から選出されたオペレータによる工事用重機械取扱訓練会が実施されました。
・マイクロバックホー操作訓練 
※PC01の燃料はガソリン、PC05は軽油。
※PC01は日本で一番小さいバックホー。
※バックホーを吊る時はアームを一番上まで上げて、吊る穴にシャックルを掛けワーヤーを通し吊る。
※安定が悪いので、転倒を想定しながら運転
※エンジンが停止したら、セルを回しながら操作レバーを動かす
・前はアームの根本、後ろはエンジンの下に2mのスリングを通し単管を2本通して6~8人で担ぐ。

②マイクロバックホー取扱訓練

・マイクロバックホー操作訓練
※動きが早いので、アクセルの回転を上げすぎると危険。
※周囲に作業員がいないか確認しながら操作する。
※軽便トロに乗せる時は、アルミの梯子を使用する。(1.5~2m)
※軽便トロの下に受台をして梯子を昇降する。

③汎用バックホー斜面での滑り危険体験

・汎用バックホーで傾斜になった敷鉄板上を横に走行訓練。
※上側のキャタピラーが空転することを確認できた。

④汎用バックホー滑り危険体験

・汎用バックホーを敷き鉄板上で方向転換をする訓練。
※バケットを低い側の鉄板スレスレの位置に旋回し、転倒防止に備える。
※キャタピラーを持ち上げての方向転換禁止
※キャタピラーを持ち上げての動画を確認し危険を再認識。

⑤軌陸ユニックの緊急脱出訓練

・軌陸ユニックの鉄輪を搬送台車の上に乗せて脱出する。
※搬送台車にはブレーキ装置がないので、逸走しないように軌陸ユニックの鉄輪のブレーキを使用しながら脱出する。

⑥軌陸ユニック吊り荷作業転倒位置確認訓練

・軌陸ユニックのアウトリガーを受台に設置させる。
※アウトリガーを上げ過ぎると鉄輪が外れるので、フランジがレールから外れないようにする。
・軌陸ユニックで吊り荷を吊り上げる。
※斜め後ろ、斜め前が転倒しやすい位置がどこか確認する。
※転倒しやすい位置で、吊り荷を地面スレスレの状態で、ブームを延ばして車体が浮き上がる位置を確認訓練。

●搬送台車取扱い訓練(第一建設工業主催 長野新幹線車両センター構内)

●宮城支店 脱線防護訓練(仙建工業主催 福島保守基地)

保守用車脱線復旧訓練

・工事車両が営業線又は車両センター構内で、脱線した場合の復旧訓練を、年1回実施します。
※訓練することによって、実際トラブルに直面した場合に、慌てず安全な行動が取れることを習得します。
 ①油圧ジャッキの組立
 ②受台の設置
 ③油圧ジャッキによる脱線車両のこう上訓練(ジャッキこう上)
 ④油圧ジャッキによる脱線車両の横移動訓練(ネジで移動)
 ⑤油圧ジャッキによる脱線車両降下訓練(油圧開放)

油圧ジャッキ設置

・工事車両が脱線したと想定して、車体に油圧ジャッキを設置した状態です。

応急処置用継目板取付訓練

・緊急用の継目板をレールに取付ける訓練
※レール破断や当日溶接が施工出来ない時に取付ける、応急用の継目板です。
※レールにボルト用の穴をせん孔せずに済みますので、短時間で取付が可能です。
※時間がある時は、補強継目板を取付ける方が有効になります。

応急処置用継目板取付訓練(安田式クーパー)

・応急用の継目板を取付ける訓練
※小形で軽量のため、運搬、取付が容易で短時間で完了します。
※継目板が小さいので、大きい傷には適しません。

●宮城支店 線路内立入り訓練

線路内立入り訓練 A班

線路内立入り訓練 B班

線路内立入り訓練 C班

線路内立入り訓練 講評

●本社 工事部 安全教育

安全講習会

・毎月第1月曜日に安全講習会を実施しております。
・ルールの再確認、次月の安全の取組み等を教育しています。
・他所で発生した事故情報を活用し、対策を水平展開しています。
・他社で発生した事故に対し、自分ならどうするかの対策を全員に検討してもらいます。

現場点呼実設訓練

・現場点呼での基本動作の実設訓練を実施しています。
・保安体制確立後の線路内立ち入り訓練を実施しています。(運転状況の確認、列車ダイヤの確認、列車見張員の配置、線路内立ち入り訓練)

●本社 工事部 列車防護訓練 非常時には躊躇なく列車を停める訓練

列車防護訓練の説明指示

信号炎管発砲

施設指令列車防護報告訓練A班

施設指令列車防護報告訓練B班

施設指令列車防護報告訓練C班

施設指令列車防護報告訓練D班

列車防護訓練講評

広栄工業株式会社
〒802-0032
福岡県北九州市小倉北区赤坂5丁目4-18
TEL.093-521-8331
FAX.093-522-7836

0
3
6
6
7
2
TOPへ戻る